ホーム > 株式会社サンク・ド・ノア > 商品カテゴリ > スイーツ > サンクドノア洋菓子頒布会『季節のパイ・タルト【Mサイズ】』

サンクドノア洋菓子頒布会『季節のパイ・タルト【Mサイズ】』

商品コード:0001
通常価格:2,900円(税込)
モール会員価格 ご覧になりたい方はログインしてください。
外はサクサク、中はジューシーの新食感!
季節のフルーツを使い、新手法で焼き上げたパイとタルトMサイズです。

Mサイズ 直径18cm
購入したい方はログインしてください。

商品情報

商品詳細
お申し込みついて

*商品のお届けは、ご注文日の翌月からとなります。
  • 月末までにお申し込みいただければ、翌月よりお届けいたします。
*12ヶ月固定メニューで毎年連続していく頒布会です。
  • お客様からお申し出のない限りは自動継続になります。お休みやご退会の連絡は、ご希望月の前月末日までにお願いいたします。
*ご注文・お届けは日本国内に限らせていただきます。
  • お届けについては毎月、中旬から下旬にかけて3月~10月はクール便で、11月~2月は通常便にてお届けいたします。
  • 到着日のご指定はお受けできかねますので予めご了承ください。
     (特にご都合のある場合は、できる限りご相談に応じます)
  • 夜間配達ご希望の場合はお申し付けください。
  • 北海道・沖縄・離島および一部お届けできない地域がございます。 (詳しくはお問い合わせください)

商品詳細
   ※単月のみでお申し込みの場合はプレゼントの対象外とさせていただきます。
   ※プレゼント品は初回の商品と一緒にお届けさせていただきます。


サンクドノア グランパティシエ 上村 友孝 季節のフルーツを使い、新手法で焼き上げたパイとタルトMサイズです。
“フルーツのジューシーさを残したまま焼き上げたい!”そんな思いから始まったのが「季節のパイタルト」のメニュー作りでした。一番の課題は、フルーツの水分の広がりを防ぎ、サックリ感を損なわない事。しかしテーマに選んだ12種類のフルーツにはそれぞれに異なる特性があり、そのハードルの高さは予想以上でした。「クレープ」を挟み込んで焼き上げたり、パイ生地の編み方を工夫したりと様々な手法を考え、課題をクリアしていきました。そして3年の試行錯誤の末、私たち自身さえ感激するようなおいしさになりました。今でも、お客様から寄せられるご意見ご感想を大切に検討し、更なるおいしさを追及しています。“サクッとしてジューシー”この新食感を是非ご賞味いただきたく、ご案内申し上げます。


季節のパイ・タルトについて
1月 さつま芋と黒豆タルト
ほっくりとした味わいが女性に人気のさつま芋。このタルトはそんなさつま芋の風味を余すことなく詰め込むことにこだわって焼き上げました。アーモンド生地を敷いた香ばしいタルト台に、もっちりとした食感がアクセントの丹波産黒豆を散りばめ、クリーミーな味わいに調整した特製スイートポテトペーストを、真ん中が少し盛り上がるようにたっぷりと搾ります。仕上げにさつま芋スライスを一面に敷き詰めたらオーブンへ。スイートポテトのマイルドさと黒豆の食感、そしてさつま芋スライスのほっくり感が素敵に調和するおいしさを、どうぞお楽しみください。


2月 バナナのチョコタルト
このタルト、特にこだわったのは生バナナの食感や風味をいかに残すかでした。焼いても固く縮まないよう、熟度を指定した完熟のプレミアムバナナを使いました。この厳選したバナナをカットし、ガナッシュクリームを流した上に敷き詰めます。その上からチョコ&バナナ風味のアーモンド生地を搾り焼き上げます。サンドすることでバナナの風味や食感は残り、バナナの隙間にガナッシュとアーモンド生地が流れ込むことで三つの味わいが絶妙に重なり格別のおいしさを生み出します。


3月 新鮮いちごのタルト
生の苺と焼いたタルトとの味わいの一体感を追求し特別に用意したタルト台。中心に円筒状の型を置き、周りにアーモンドクリームを搾り焼き上げるという独自の製法で作り上げました。出来上がったタルト台の窪みにカスタードクリームをたっぷりと敷き、そこへ埋め込むようにまるごとのフレッシュ苺を盛り付けその上からフリーズドライ苺を使った特製フィリングをコーティングして完成です。タルトの香ばしさ、苺のジューシーさ、そしてカスタードクリームの滑らかさが調和した豪華なおいしさです。


4月 甘夏のアーモンドタルト
温暖な気候の瀬戸内で太陽の恵みをいっぱいに受けて育った"甘夏"をタップリと使ったジューシーなタルトです。愛媛産甘夏のみずみずしさはそのままにタルト生地はサックリと焼き上げました。噛み締めると口の中に果汁が飛び出す程のフレッシュ感を活かすために、アーモンド生地の搾り方、果肉の並べ方にこだわり、試行錯誤の末の微妙な焼き加減の調整を経て出来上がりました。またアーモンド生地にはより香ばしい風味が漂う皮付きローストアーモンドパウダーを使いました。ジューシーさ、サックリ感、そして香ばしさが三位一体になったおいしさをお楽しみください。


5月 アメリカンチェリーのパイ
さくらんぼより一足早く出回るアメリカンチェリー、まさにこの時期が旬の果物です。果皮がマホガニーレッドであることからダークチェリーとも呼ばれるアメリカンチェリーは国産さくらんぼより大きめで果肉は肉厚、独特の風味と輸入果実としては珍しく季節感あふれる果物として人気が定着しています。そんなアメリカンチェリーをキリッシュ風味のフィリングでからめ、カスタードクリームと一緒にパイで包んで焼き上げました。パイはさっくりチェリーはとろっとミディアムレアーに仕上げるため高温短時間で焼き上げました。口中に広がる爽やかなおいしさをどうぞ。


6月 ブルーベリーと赤すぐりのタルト
目に良いと言われる"アントシアニン"を豊富に含んだブルーベリーとキリッと爽やかな酸味の赤すぐりを使ったタルトです。主役のブルーベリーは品種改良で甘みを強調させた、やや粒が大きい「カルチベイト」と、やや小粒で香りが強く酸味が強い野生種「ワイルド」の2種類を混ぜ合わせました。これに刺激的な酸味の赤すぐりを加えて作ったフィリングをタルト台にたっぷりと盛り付け、シュトロイゼル(クッキー生地のそぼろ)で蓋をしてオーブンへ。ほお張ると芳醇な香りと程よい甘酸っぱさが広がる初夏にふさわしい味わいです。


7月 白桃とクルミのパイ
異なる食感や味わいの素材を組み合わせ、白桃のおいしさを引き出したオリジナルピーチパイです。主役の白桃は、その繊細な風味が引き立ち、食感も楽しめるようにと生のものとコンポートしたものをダブルで使用。本来の香りとおいしさを大切にするため生桃は皮付きで使いました。さらに香ばしくローストした胡桃を敷き詰めることによりカリッとした独特の歯ごたえをプラス。ジューシーさとともに食感の変化も楽しめる贅沢なおいしさに仕上げました。格子状に編みこんだパイが目を引く大胆なデザインも楽しい、みずみずしいおいしさをお楽しみください。


8月 丸ごと巨峰のタルト
巨峰は、伊豆の『峰』で作られた『巨』大な粒ということでつけられた名前だとか。世界一の生産量を誇る果物「ぶどう」の中でも私たち日本人がもっとも愛する品種です。また他のぶどうや果物と比べて栄養価が高く、アルカリ食品の代表的な果物とされています。そんな巨峰をたっぷり使ったのがこのタルトです。巨峰は種無し大粒のものを厳選、タルト生地にサクッとした食感のアパレイユ生地を流しいれ、果汁を逃がさないよう皮付きのままの巨峰をのせて焼き上げました。噛み締めた途端、果汁が飛び出すジューシーさは今までに体験したことの無いおいしさです。


9月 いちじくのパイタルト
いちじくはみずみずしさと繊細なおいしさが特徴ですが、繊細さゆえに取り扱いには細心の注意が必要です。また熟度は完熟の一歩手前、この加減が焼きあがったときのおいしさにとってとても重要です。ですからいちじくは熟度を指定し当日使用分のみを仕入れ、その日の内に赤ワインベースのシロップで煮込みます。本来の味をいかすためこれ以上は手を加えず、アーモンドプードルと卵、サワークリームと生クリームを合わせたアパレイユ生地を流したパイ仕立てのタルト台にのせて焼き上げます。生地のコクと酸味が程よく調和し、いちじくのおいしさをより一層引き立てます。


10月 ラ・フランスのタルト
ラ・フランスは、その芳醇な香りととろりとした食感で他の洋梨とは一線を画するおいしさが自慢。追熟期間が必要なので食べ頃の時期を見極めるのがむつかしい果物でもあります。そのラ・フランスをたっぷりと使ったこのタルト、果肉をサンドしたアーモンドクリームの土台にカスタードクリームを搾り、その上にスライスした果肉をのせて焼き上げます。果肉は食べ頃で柔らかくひとつひとつ手切りでスライスします。手間隙かけるからこそ生まれたラ・フランスのとろけるような食感とタルト生地の香ばしいさっくりが調和した至福のおいしさをご堪能いただけます。


11月 渋皮栗パイ包み
メインの栗は、焼き上げたときの食感が最高の状態で仕上がる大粒の渋皮栗を厳選し、甘露煮して使用します。この栗を上質のフランス産マロンクリームをたっぷりと入れたアーモンド風味の餡といっしょにパイで包んで焼き上げます。パイの包み方次第で出来上がりの表情が変わってしまうのでひとつひとつ手作業で行います。パイの香ばしさ、栗のほっくり感、そして餡のコクが見事に調和する味わいはどなたにも好まれるおいしさです。素材を吟味し、なおかつその持ち味を大切にしたハンドメイドならではのおいしさをどうぞお楽しみください。


12月 青森りんごのパイタルト
食味の良さと芳醇な香りが人気の青森産りんご。その味わいをより引き立てるため、サンドと飾り,それぞれを違う食感に仕立ててみました。サンド用は口に入れた時ちょうど良い歯ごたえになるよう厚みを揃えてコンポート。さらにコクを出すためバター、はちみつ、レモンなどといっしょにソテーしてサンドしました。飾りには、おいしさと香りが詰まった皮を残して薄くスライスし、生のまま敷き詰めて溶かしバターを塗って焼き上げました。りんごの変化のある食感と、パイの香ばしさが調和する贅沢なおいしさです。


ページのトップへ戻る